ジーパ

シーバ デュオプラス(15歳以上 アクティブサポート)をあげています

我が家で飼っている猫は、今年で20歳になるので高齢猫でも食べれるようにシーバの15歳以上(1箱400円)にしています。

また、シーバにした理由は、他のキャットフードだとほとんど食べなかったり、吐いたりしていたのですが、シーバに戻してみるとまた食べ始め吐く事もなかったので、それからずっとシーバにしています。

ジーパ

また、シーバだと贅沢な鯛味と香りのマグロ味がそれぞれ小袋に分けて入っているので、キャットフードが湿気っぽくなる事がないので、便利です。

高齢猫ですので、日ごとに食べる量は異なりますので、小袋に分けてくれていると一度にあげる量を管理出来ます。猫の体に合うという事と量が管理出来るのが選んだポイントです。

キャットフードをあげると集中して美味しそうに食べています。マグロや鯛の味が好きなようです。猫の糞は、しっかりとした固形の糞をしています。健康状態としては、シーバを食べ始めてから吐く事も少なくなりました。また、年のせいもあると思うのですが、毛がボロボロだったのですが、少しばかりですが毛並みも良くなってきたと思います。

愛猫の特徴

お腹が空くと時間は関係なくかなり大きな声で鳴きます。この猫の行動が我が家では猫のお腹が空いたからご飯を頂戴の合図です。あまりにも大きな声なので、近所迷惑にならないか心配ですが、非常に可愛いと思います。

また、今年20歳なのですが、一度も病気をした事がなく、すべての歯が生え揃っています。普通でしたら、歯が抜けていてもおかしくないですが、我が家の猫はまだまだ元気いっぱいです!!

キャットフ-ドの種類(ドライ・セミドライ・ウェット)と使い分け方法

ねこちゃんのご飯と聞いたら、みなさんはどんなご飯を想像しますか?

市販で売られているキャットフ-ド、缶詰、半分レアなパウチご飯などいろいろ種類があって、何をあげたらいいのかわからなくなりますよね。そこで、ねこちゃんのご飯の、それぞれの特徴と使い分けをご紹介したいと思います。

ドライフードの特徴

まず、市販で売られているキャットフ-ドと呼ばれる、固形のドライフ-ドはカリカリの固形で水分量が10%に押さえられたものです。

このドライフ-ドは栄養価もバツグンでねこにとっては安心して食べられる食事になります。

固形で適度な固さなので歯などに付きにくいので、虫歯や歯周病予防の効果もあります。しかもコストが安いのでお手軽のお食事と言えます。

しかし、栄養価が高い分、与えすぎてしまうと肥満になったり喉が渇きやすいのでお水を忘れずにたっぷりあげないといけないので、忘れないようにしなければいけません。

セミドライフードの特徴

次にソフトタイプのセミドライフ-ドというものがあります。こちらは水分量が30~40%のものが多く、固形よりも柔らかく作られていますので、子猫や病気になったねこちゃんなどに与えるのにとても便利なご飯となっています。また、軟らかいご飯なので、ねこも食べやすく沢山食べることができます。

固形のドライフ-ドをス-プなどでふやかすと、こちらのソフトタイプとあまり変わらないので固形でもソフトでもあまり変わらないご飯となります。

ウェットフードの特徴

最後に缶詰やパウチなどで売られているウェットフードは水分量が70~80%のもので、とても食べやすくて軟らかいので、ねこは喜んで食べます。

ただ、固形に比べると価格が断然高く、ねこはグルメな舌を持っているので、一度食べてしまうと固形のキャットフ-ドはまったく食べなくなります。
それ位、ねこが好むご飯といえます。

しかし、栄養価は総合的に優れている固形のフ-ドに比べ栄養価が偏っているため、ウェットフ-ドだけで食事にするのはねこにとっては危険です。

よく食べるからといってこちらを主食にしてしまうと、栄養価が低いので、定期的に固形フ-ドを混ぜるか違う食事で栄養を補給したほうがいいでしょう。

その他、キャットフード選びのポイントは下記サイトでまとめていますので、合わせてご参照下さい。

http://xn--t8j4aa4n8hye9ai1i6fzl.biz/

アカナ

アカナのワイルドプレイリーを選んだ理由

キャットフードをアカナ(1袋2.5kgで2,550円)に変えるまでは、動物病院に置いてあったサイエンスダイエットのドライフードを与えていました。

ですが猫関連の雑誌を読んでいたら、ドライフードは肉食の猫には与えないほうが良い。米やコーン、大豆などの穀類が多く使われており、その穀類が猫の糖尿病や腎臓病などの慢性病を引き起こす原因とされていることを知り、サイエンスダイエットの成分表を見たら、見事にコーンや大豆などが主成分担っていることがわかり、慌てて穀類不使用のキャットフードをネットで探しました。

するとカナダのアカナというフードが穀物不使用でチキンなどのタンパク質をたっぷり含んだ猫にとっては理想のフードだということがわかり早速購入しました。

アカナ

あげてみた感想

肉の香りが強いためか、初めて与えた時からフードの食いつきが非常によかったので、やはり猫も自分の体によいフードは本能的にわかるのかなと思いました。

これまでサイエンスダイエットを与えていた時は、猫の食いつきが悪くて、いつもお皿にフードが残っていたのですがアカナにしてからは、ペロリと分量のフードを食べきり、全く食べ残しをすることがなくなりました。

毛艶も良く健康で、うんちもとても調子が良くて匂いもキツくなくなりました。

うちの猫は甘えん坊のオス猫

甘えん坊のオスで、私にいつもべったりです。鳴き声も可愛いし本当に可愛い子です。

寝る時は私の顔の横で伸びて一緒に寝てくれたり、朝起きる時も私が起きると一緒にベッドから降りてリビングへ行きます。もうこんなに可愛いと我が子以上に愛しいと感じてしまったりします。

猫は決して人間を裏切りませんし、いつまでも一緒にいたいですね。

ミックス猫にモンプチドライをあげたら食い付き良好!

色んなメーカーのキャットフードを試した中で、猫ちゃんが一番食いつきが良かったのがこのモンプチシリーズでした。味のバリエーションも豊富なので、飽きずに食べ続けてくれています。

他のメーカーと比べると少し割高な所もありますが、それも味が良いからだと思っています。また、毛玉ケアや年齢がいった猫用等ケア入りのフードもあって使い勝手が良いと思います。

何かあった時のために、いつもキャットフードは15箱を切らないように買い置きをしているのですが、こちらのモンプチはボックスタイプなのでスペースを無駄にせずに保管が出来るところが気に入っています。

パッケージも高級感がありますし、いかにもなキャットフードのメーカーと比較すると上品に感じます。

食い付き良好です!!

食いつきは大変良いです。一杯食べてもう一杯とおねだりされたり、お腹が空くと自分で一生懸命箱を開けようと格闘していたりして、かなり気に入っているようです。健康状態も良好で、ロングコートですが毛並もツヤツヤとしています。排便は緩くなく固すぎもせず、程よい形状、また量がしっかりあるので、我が家の猫にあっているのでしょう。

愛猫の特徴

うちの猫はミックス種で2匹いますが、どちらも長毛で一見するとチンチラのようです。外出から帰ってくると玄関の前で座って待っていて、出迎えてくれます。

部屋を移動するたびに付いてきてまるで猫というより犬のようですが、とても可愛いです。

特に可愛いなと思うのが、家族以外の人にはとても怖がりなところです。家族にはとっても甘えたがりで、お腹の上に乗って来たり、布団の中で一緒に寝たりと非常に愛らしいです。

ロイヤルカナン-インドアシニア

ロイヤルカナンのインドア シニアに最終的に落ち着きました

高齢と言われるような歳になってきて、寝ている時間が長くなった我が家の猫ですが、先日寝落ちする瞬間を見てしまい、とっても可愛くて一人で笑いました。窓辺で日向ぼっこをしながら外を見ていたのですが、いきなりカクッとなり、鼻先を前足に押し付けるようにして寝ました。そのまま起きることなく寝ていたので、鼻は潰されていたことでしょう。

そんな愛猫にあげているキャットフードは【ロイヤルカナン インドア シニア】です。1袋3,000円と結構高額ですが、なぜこれを選んだのか?

ロイヤルカナン-インドアシニア

アレルギー体質で色々選んだ結果

我が家の猫は食べ物にアレルギーがあるようなので、室内外のシニア用のものの中で幾つか試し、アレルギーの症状が出ず、なおかつ良く食べるものを選びました。

成猫用からシニア用に変える際はアレルギーの件や、神経質な性格もあり、かかりつけ医に相談しサンプルを頂いたりしながら猫に負担がかからないように注意深く観察しながら選び、またフードを変えていくにも少しずつ内容を変える等の手順を踏んでの変更となりました。

最終的に粒の形状の差などで食べないものもあったりしましたが、幾つかは便がゆるくなるものもあったのでそういう意味でも猫に負担がかからないものを選んで行った結果、ロイヤルカナンの室内用が我が家にはあっていたようです。

健康状態も良好

とにかく健康でいてくれることが一番なので、アレルギーが出ず、食事のせいで便がゆるくなることも今はなく、安心して与えることができています。

味も好みなのか、以前よりもおねだりをすることが多く、少しでも遅くなると急かされています。粒が少し小さめなのも高齢と言われるようになった今では、食べやすいのではないかと思っています。

うちのアメリカンショートヘアは銀のスプーンが大好き

うちの猫はアメリカンショートヘアのMIXです。で、実は銀のスプーンが大好きなんです。

我が家の猫は、友達から子猫の時につれてこられた猫で、その時「ねこ元気」のキャットフードを一緒に渡されたので、しばらくは同じキャットフードを食べさせていたのです。

ある時、いつも行っているドラッグストアーで「銀のスプーン」が安くなっていました。
少し高いキャットフードだったので、せっかく安いなら食べさせてあげたいと思って購入して食べさせると気に入ったようで「ペロ食べ」。

いつもは餌皿に少し残して(次に食べる為)いったん食事を止めるのですが、「銀のスプーン」は食べきってしまいます。次に「ねこ元気」に戻しても、文句を言って鳴くので「銀のスプーン」を定期的に購入することにしました。

他にも色々と調べてみましたが、通販で買うものよりは銀のスプーンの価格は良心的なので、私としても気に入っています。

猫のスプーンのおかげで嘔吐症が治ったかも?

「ねこ元気」を食べていた時は1日おきに吐いていました。猫は毛玉を出す為に吐く・・と聞きますが、胃液だけ吐く時もあります。毛玉なんて嘔吐物の中にも見つからないので、心配で病院に連れていきましたが「異常無し」との診断。

「銀のスプーン」にキャットフードを変更したら、あきらかに吐く回数が減りました。残念ながら、吐くことが無くなりはしなかったのですが、1週間に1度と激減したので飼い主としては安心しています。

触り心地が別格のわが愛猫

さわり心地が良いことが自慢です。

性格も穏やかなので、無理やりだっこしても我慢してくれていて、怒り出すこともありません。毛並みがやわらかいので気持ち良いのです。

メス猫のためか、私より主人の方になついている感じがしますが、寝る時は私の隣にやってきて朝まで一緒なのが可愛いですね。暑い季節は大変ですが、寒い時は本当に嬉しいです。