手汗での苦い経験と気になっている手汗対策クリーム

手汗でいちばん悩んでいたのは中学・高校の頃でした。

学生の頃の手汗体験

今思えば、静かな教室での授業中やテストの時など、特に緊張している状態の時に手汗がひどかった気がします。
どんなに手のひらを拭いても拭いても汗が止まらず、ノートや教科書がふやけて波打ってしまうのは日常茶飯事でした。テストの用紙が手汗で破れ、恥をかいた経験もあります。

厄介なのは「手汗がひどい事をまわりに気付かれていないか?」と考えて余計に緊張してしまい、さらに手汗が出るという悪循環に陥っていた事です。
「みんなの手はサラサラなのに、どうして私の手は常に湿っているのだろう?」と、自分の汗かき体質を呪いました。

どうやら手汗をかきやすいのは体質だけでなく、自分の性格にも原因があるという事を大人になってから気付きました。緊張しやすい人や心配性の人などは特に手汗をかきやすいそうなので、思春期の頃の私は学校で常に不安や緊張状態にあったのかもしれません。

あの頃に戻れたら「もっとリラックスして肩の力を抜いてみて!」と自分に言い聞かせてあげたいのですが、常にタオルハンカチをお守りがわりにしていた頃には戻れません。

社会人になってからの手汗体験談

大人になり、仕事をするようになると再び手汗による悩みが出てきました。パソコンで長時間作業をしていると、だんだん手汗が出てきてキーボードやマウスが湿ってしまいました。会社は冷暖房完備で1年中快適だし、むしろ空気は乾燥していたくらいなのに・・。

やはり仕事場ということで緊張していたのでしょうか。このままでは自分の手汗が原因でキーボードやマウスが故障してしまうと思い、手汗がひどくて集中できない時には冷たい水で手を洗いに行き、デスクには常にタオルハンカチを置いてこまめに拭きながら仕事をしていました。

そんな私も結婚・出産を経て年齢を重ねるうちに、だんだんと手汗で悩むことが減ってきました。今思えば学校の教室やオフィスなどの密閉された空間に身を置いている時、ひどい手汗をかいていました。

「大人になってから手汗をかきにくくなった?」と思っていたのですが、実際には「手汗をかきやすい環境が減っただけ」という可能性もあり、自分の体質や性格は変わっていないような気がします。

私は趣味で週に1度、ダンスフィットネスのサークルに通っているのですが、ふいに誰かとハイタッチをしたり、手を繋ぐ振り付けがある時に「しまった」と思う瞬間があります。みんなで同じダンスを踊り汗をかいているのに、手がサラサラしている人と湿っている人がいるのは、やはり体質と性格によって差が出てしまうのでしょうか?

私が使っている手汗対策クリーム

ドラッグストアには制汗剤が数多く売られていますが、手汗に効く商品というのはなかなか見つかりません。そこで、手汗に効く商品をネットで探したところ、気になる物を見つけました。

それは「テサラン」という手汗対策クリームで、最大72時間もサラサラが続くというケア商品です。さらに制汗だけでなく防臭や防菌効果もあり、ハンドクリームのようなデザインなので気軽に持ち歩くことができます。

肌に優しい成分で作られているので子供にも安心して使えるそうです。
「手汗対策クリーム」という私が中高生の頃に一番欲していたものが売られているなんて・・。
もう過去には戻れませんが、今後もし自分の子供が私と同じように手汗で悩む事があったら、この商品の購入を考えるかもしれません。

手汗を止めるグッズランキング

Have something to say?

(No worries, we will keep your email safe! Also, make sure you fill in email and name fields before posting a comment.)